おくむらクリニック
OKUMURA CLINIC


印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

OKUMURA CLINIC, For Better Diabetes Management

各種ワクチン接種のご案内

ワクチンの接種間隔

注射生ワクチン接種後・・・
  別の注射生ワクチン接種を受けるためには27日以上開ける必要があります。
  別の不活化ワクチン経口生ワクチン接種を行うまでの間隔に規定はありません
経口生ワクチン不活化ワクチン接種後・・・
  他のワクチン接種を行うまでの間隔に規定はありません
新型コロナウイルスワクチンについては前後で他の予防接種を受ける場合、14日以上開ける必要があります
新型コロナウイルスワクチンインフルエンザワクチンとの接種間隔に規定はありませんが、特に新型コロナウイルスワクチンに続いてインフルエンザワクチンを接種する場合、体調不良が続く場合がありますので、当院では他のワクチン同様、14日以上開けることを推奨します

インフルエンザワクチン

接種後2週間程で抗体がつくられ、ワクチンの効果はおよそ5ヶ月持続します
不活化ワクチンです
13歳未満の小児では、より高い免疫効果を期待して3~4週間隔での2回目の接種が推奨されます

★下呂市の助成金の対象となる方
下呂市の助成対象接種期間:
 高齢者・・・・・10月1日~1月31日
 子育て支援・・・10月1日~3月31日

  • 13歳未満の小児

     1回目・・・・・・・・・  0円  2回目・・・・・・・・・    0円

  • 13歳以上~中学3年生、妊婦

     1回のみ・・・・・・・・  0円

  • 60歳以上~65歳未満で重度の心・腎・肺機能障害、HIVによる免疫機能障害を有する方

     1回のみ・・・・・・・・  500円
   65歳以上
     1回のみ・・・・・・・・  500円

★下呂市の助成金の対象とならない方

   13歳以上
     1回のみ・・・・・・・・・2,700円

  • 13歳未満の小児

    ①当クリニックで2回接種の場合
     1回目・・・・・・・・・・2,700円

     2回目・・・・・・・・・    500円
    ②他院で1回目を接種
     2回目・・・・・・・・・・2,700

岐阜県広域化予防接種事業による居住地別の窓口負担額
(居住地により助成対象接種期間が異なりますのでご注意ください!)


   高山市・飛騨市・・・・・・・・ 1,600円
   白川町・郡上市・・・・・・・・ 1,500円
   東白川村・・・・・・・・・・・ 1,500円
   中津川市・・・・・・・・・・1,800円

診察時間内でしたら、いつでも接種可能ですが、1週間前までには電話でご予約ください

子宮頸がんワクチン(「サーバリックス」「ガーダシル」)

ヒトパピローマウィルスのうちサーバリックス(サ)は16・18型、ガーダシル(ガ)は6・11・16・18型感染に起因する子宮頸がん及びその前駆病変の予防に有効です
接種回数は(サ)は初回、1ヶ月後、6ヶ月後、(ガ)は初回、2ヶ月後、6ヶ月後の計3回で上腕三角筋部に筋肉注射を行います
不活化ワクチンです

★定期接種の対象とならない方

     1回につき自己負担額・・・・・・・15,000円

診察時間内でしたら、いつでも接種可能ですが、1週間前までには電話でご予約ください

肺炎球菌ワクチン

①23価肺炎球菌莢膜多糖体ワクチン(PPSV23;「ニューモバックスNP」)LinkIcon詳細はコチラ

2歳以上の肺炎球菌による重篤疾患に罹患する危険が高い患者さん(脾臓摘出後、鎌状赤血球疾患、心・肺・腎・肝の慢性疾患、糖尿病、慢性髄液漏等の基礎疾患を有する患者さん、高齢者、免疫抑制療法を予定されている患者さん)に有効です
原則として一度接種すると5年間は追加接種不要です
不活化ワクチンです
下呂市と下呂市医師会との申し入れで接種にかかる料金が変更となりました(令和2年4月以降)

★下呂市の助成金(5,390円)の対象となる方
   自己負担額・・・・・・・・・・・・・・・・2,750円

★下呂市の助成金の対象とならない

   自己負担額・・・・・・・・・・・・・・・・8,140円

診察時間内でしたら、いつでも接種可能ですが、1週間前までには電話でご予約ください

②13価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV13;「プレベナー13」)

乳幼児の時には致死的となる侵襲性肺炎球菌感染症(髄膜炎、敗血症・菌血症、血液培養陽性肺炎など)の予防のためのワクチンです
生後2ヶ月以上9歳以下の健康児が対象となります
不活化ワクチンです
LinkIcon子どもと肺炎球菌

★定期接種の対象とならない方

     1回につき自己負担額・・・・・・・9,000円


★ "65歳以上の成人に対する肺炎球菌ワクチン接種に関する考え方"として、定期接種(PPSV23;「ニューモバックスNP」) が "半年以上4年以内"に予定されている方では、高い抗体価の獲得・維持を目的としてPCV13;「プレベナー13」を先行して1回任意接種する方法を米国ACIPは推奨していますLinkIcon詳しくはコチラ

診察時間内でしたら、いつでも接種可能ですが、1週間前までには電話でご予約ください

b型インフルエンザ菌(Hib)ワクチン(「アクトヒブ」)

0~1歳に好発するb型インフルエンザ菌による侵襲性感染症(髄膜炎・敗血症・喉頭蓋炎・肺炎・関節炎・蜂巣炎・骨髄炎など)の予防のためのワクチンです
特にHib髄膜炎は抗菌薬投与を行っても予後不良となることが多く、致死率約5%、てんかん・難聴・発育障害などの後遺症が約25%に残ります
生後2ヶ月以上5歳未満の健康児が対象となります
不活化ワクチンです

★定期接種の対象とならない方


     1回につき自己負担額・・・・・・・,000円

診察時間内でしたら、いつでも接種可能ですが、1週間前までには電話でご予約ください

水痘(水ぼうそう)ワクチン

生ワクチンです

★下呂市の助成金(8,000)の対象となる方
(平成23年度以降:1歳~3歳以下)


   自己負担額・・・・・・・0円

★下呂市の助成金の対象とならない方


   自己負担額・・・・・・・8,000円

診察時間内でしたら、いつでも接種可能ですが、1週間前までには電話でご予約ください

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)ワクチン

生ワクチンです

★下呂市の助成金(5,000)の対象となる方
(平成23年度以降:1歳~3歳以下)


   自己負担額・・・・・・・0円

★下呂市の助成金の対象とならない方


   自己負担額・・・・・・・5,000円

診察時間内でしたら、いつでも接種可能ですが、1週間前までには電話でご予約ください

 帯状疱疹ワクチン

【対象・適応】 50歳以上の者に対する帯状疱疹予防LinkIcon帯状疱疹.jp

水痘ワクチン

【接種回数・方法】 0.5mL 1回 皮下注射 生ワクチン
【自己負担額】 8,000円
【効果】 発症抑制 51.3%、帯状疱疹後神経痛抑制 66.5%、効果持続 約5年
【注意】 免疫機能異常を呈する疾患、妊婦さん、免疫抑制治療中は接種できない

②帯状疱疹ワクチン(「シングリックス」)

【接種回数・方法】 0.5mL 2回 筋肉注射(2ヶ月間隔) 不活化ワクチン
【自己負担額】 1回 22,000円
【効果】 発症抑制は50歳以上で97.2%、70歳以上で89.8%、帯状疱疹後神経痛抑制は50歳以上で100%、70歳以上で85.5%、効果持続 約9年
【注意】 帯状疱疹専用。水痘ワクチンに比し過敏症状が多い

診察時間内でしたら、いつでも接種可能ですが、1週間前までには電話でご予約ください